オフィスにおける名刺入れの活用法

オフィスにおける名刺入れの活用法

オフィスで名刺交換する際には名刺入れはどこにいれておくのか

オフィスで取引会社の人と行われることと言えば名刺交換です。これは、営業の仕事をしている場合には頻繁に行われることですので、スムーズに名刺交換が出来るようにしておくといいでしょう。名刺を渡すときに、もたもたしていたり失礼があるようでは、仕事ができない人と思われる可能性もあります。ですので、きちんと名刺の受け渡しができるように練習をしてみるのも良さそうです。例えば、名刺を渡す際には名刺を持ち歩くようになります。その時には名刺入れに入れて持ち歩くようになりますが、この名刺入れはどこに入れておけばいいのでしょうか。男性の場合であれば、ズボンのポケットなどに入れておいてはいけません。ズボンのポケットであれば、出し入れはしやすいものではありますが、マナーとしてはよくないものでし。ですので入れておく場所としては、スーツの内ポケットに入れておくようにするといいでしょう。そうすれば、すぐに取りだすこともできますので良さそうです。

それでは女性の場合はどうすればいいのでしょうか。女性の場合は、バッグを持ち歩くようになりますので、そのバッグの中に入れておきます。そしていつでも渡せるように、手元に準備しておくことが必要です。次に名刺の渡し方ですが、そのまま渡すのではな渡し方にもマナーがあります。まずは名刺入れから名刺を取り出し、そして名刺入れの上に一旦のせてから相手に渡します。この時には、自分の名前が相手から読めるように向きに気を付けて渡さなくてはなりません。ですので名刺を取り出したときに、向きにも気を付けて渡すようにしましょう。そしてこの時には、自分の会社名と自分の名前を言い、よろしくお願いしますと、言葉で発して伝えるようにします。そうすれば、相手にも自分の名前を覚えてもらいやすくなりますので一言添えることは必要です。名刺交換に失敗してビジネスチャンスをのがすことのないようにきちんとマナーを知っておくといいでしょう。

関連情報