オフィスにおける名刺入れの活用法

オフィスにおける名刺入れの活用法

オフィスで必ず活躍する、名刺入れ選び

営業マンの方であっても、たいていはオフィス内での何かしらの作業もありますよね。日報管理だったり、顧客管理、稟議書の作成などなど。そういった時に、あれ?あの人の名前なんだっけ。肩書きはなんだっけ。お客様のプロフィールを忘れてしまうこと、よくありませんか?たとえば書類を郵送する際など、「取締役」だったか「代表取締役」だったかなど、もし間違えば相手の心象は悪くなってしまいます。そこで、名刺をチェックしなくては…となるのですが。名刺入れの中をごそごそあさってもなかなか出てこない。そんなことが日常茶飯事では、時間がもったいないですよね。

オフィスで利用する名刺入れの選び方には、ちょっとした工夫が必要です。私は、名刺交換用の通常皮製品などの名刺入れと、ファイル型になった名刺ホルダーと2つを持つことをおすすめします。皮の名刺入れは、とにかく見かけや肌触りなどが気に入ったもので、名刺を入れる場所が2つにわかれているものが最適です。片方に自分の名刺を入れ、もう片方に頂いた名刺をしまう。それさえできれば、後は気に入ったものを使うのがベストだと思います。次に、名刺ホルダーというのはファイル型になっているものがいいです。100円ショップなどでも沢山扱いがあるので見てみてください。いただいた名刺を社名でアイウエオ順にするなど、自分でルールを決めて収納しておくだけです。見出しをつけておくとさらに分かりやすいですね。

名刺入れが、いただいた名刺でパンパンになっている営業マンを時々みかけますが、あれはいただけません。きちんと管理が出来ていない印象ですし、ふとあの方に電話をしよう!そう思ったタイミングで都度名刺入れから名刺全部を出し、あれでもない、これでもないと探し回る姿を想像するだけでいかに非効率なことをやっているかが想像できます。出来る営業マンへの第一歩として、名刺入れと名刺ホルダーを正しく選び、使い分けることをおすすめします。

関連情報